プラン・設計・施工まで全て行っております。高気密・高断熱の省エネ住宅、『FPの家』で住み良い環境を実現します。

お問い合わせ

スタッフブログ

住宅拝見レポートA様邸 ≪2013年11月16日放送≫

Report:23

大屋根レンガ調の外観が印象的なFPの家

 

Date: 2013.11.16

鹿角市花輪 A様邸

画像 003 (640x427)

 

大屋根レンガ調の外観が印象的で、愛犬との安らぎの空間を大切にしたお家を完成させたA様邸を訪問し、ご夫婦とワンちゃん!?にインタビューさせて頂きました。

 

 

 

image013 (1)●冬も安心のビルト・イン・ガレージ
●リビングの窓はアール状に設置され優しさを演出
●愛犬のためのタイル貼り、水道付のワンちゃんスペース
●大容量のウォーク・イン・クローゼット

 

■Data

構造:FP軸組工法

 

3LDK

1階床面積:77.32㎡

2階床面積:53.82㎡

 車庫面積:35.60㎡

 延床面積:166.74㎡(50.33坪)

 熱損失係数:Q値=1.63W/m2K

相当隙間面積:C値=0.1cm2/m2

家族構成:2人

入居日:平成24年7月

営業担当:田中

 

画像 045 (640x427)

 

 

■おじゃましまーす(^^)

 

住まわれて1年3ヶ月、「FPの家」の住み心地はいかがでしょう?

 

 

 

画像 018 (640x427)

 

今回はレンガ調の豪華な外観ですね。

 

(担当)お施主様が、洋風住宅をご希望されておりましたので、屋根は大屋根、外壁はレンガ調のサイディングを用いる事で、豪華さと華やかさを演出しました。

 

 

 

 

 

画像 026 (427x640)

 

そして、所々にアール型の壁というのがまた素敵ですね。

 

(担当)そうですね。アール型ですとか、アーチを用いることで、優しさも同時に兼ね備えた外観としております。

 

ご主人、今回家を建てる時にどういう事に一番気を使ったのでしょうか?

 

(ご主人)ペットを飼っていて、犬が好きなので、犬が快適に住めるような家を考えました。

 

 

 

 

 

画像 025 (640x427)
そして、奥様。女性の立場としてどういう事をこだわられました?

 

(奥様)収納ですね。急にお客さんや友達が泊まりに来る時に、物をサッとしまえる。

 

絶対的に必要ですよね。

 

(奥様)はい。

 

 

 

 

画像 032 (427x640)

 

 

 

ひとつひとつ拝見しますと玄関。まず、わっと!明るさと解放感が感じられますけれども、イエローベージュというのか、柔らかい壁の色、いいですね。

 

(奥様)はい。

 

(ご主人)長く住んで行く上で、どうしても真っ白い感じだと年月に伴ってだんだん劣化していくという事と、暖かみを持たせたいという両方の面から考えて、この色を選びました。

 

 

 

 

 

 

 

画像 066 (427x640)

 

 

■なるほど。実はこの玄関にも収納というポイントがばっちりと活かされていまして、シューズクローク。たっぷりとられましたね!

 

(奥様)はい。

 

■靴だけではないのですね?

 

(奥様)そうですね。防寒具とか、雪の季節が長いので、掛けられたり、置けたりっていう。

 

 

 

 

 玄関にはシューズクローク
多目的な収納スペースとして利用できる 

 

 

 

画像 030 (640x427)

 

■しかも、奥様の望んでいる通り、そのスペースがある事によって、玄関に不意に来たお客様が扉を開けても・・・。

 

(奥様)綺麗にみえます(笑)

 

■すっきりと(笑)本当ですね。

 

 

 

 

画像 031 (640x427)

 

■そして、このシューズクロークのスペースですけでも、車庫からのつながりも持たせてあるのですか?

 

(ご主人)はい。冬季間寒いので、車庫から直接入って行けるように、絶対の要望だったので。

 

 

≪ 車庫からの出入りも可能で、便利な動線 ≫

 

 

 

 

そしてこちらリビングの空間ですけれども、外から見ていまして、アールの壁がとっても柔らかく素敵だったのですが、室内に入るとこういう風になっていたのですね。

画像 044 (640x427)

 

 

 

(担当)少し優しいイメージを持たせながら、リラックスできる空間という事で、天井は表し梁を使い、天井を少し高くする事で、ゆっくりくつろげるリビングにしております。

 

 

 

 リビングの天井は「表し梁」で演出 

 

 

 

■そして壁は・・・、こちらまた雰囲気がありますね。

 

(担当)そうですね。こういったリビングのアクセントウォールや、照明関係もブラケットライト、シャンデリアとこだわってつくった事で、こだわりのある空間とする事が出来ました。

 

画像 043 (640x427)

 

 アクセントウォールとブラケットライトでくつろぎの空間を創出 

 

 

 

 

画像 040 (640x427)

 

 

■実際こちらのリビングどうですか?ワンちゃんのためのスペースもあるようですけれど、ちょっと床を下げて?

 

(ご主人・奥様)はい。

 

 

 

≪ リビングの一角にも愛犬のくつろぎのスペース ≫

 

 

IMG_4650 (427x640)

 

 

 

 

 

(奥様)下はタイルをひいてもらって、水道も付いているのでガシガシ洗えます。

 

 

 

 

 

 

 

≪ 床面はタイル貼り、水道も設けられている。 ≫

 

 

 

画像 038■大人しいですね。さっきから。

 

(奥様)はい。

 

 ■チワワ?女の子?

 

(奥様)女の子です。

 

ハナちゃんも一緒に、インタビュー受けているようなそんな感じですけど(笑)

 

 

 

 

画像 046 (640x427)

 

 

■リビングの空間の住み心地っていうのはどうですか?

 

(ご主人)暖かくて。本当に薄着でずっと冬季間もいられるので最高ですね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

画像 049 (640x427)

 

 

キッチンへの動線もいいですね。

 

(奥様)まっすぐ使えるので、すごい使い勝手いいですね。下もタイルにしてもらったので片付けやすいですね。

 

 

 

≪ 直線的にレイアウトされたLDKは開放的な空間 ≫

 

 

画像 048 (640x427)

 

対面キッチンではないですけど、まったく孤立した感じのない、キッチンのつくりですよね。

 

(奥様)対面キッチンだと散らかっているのが見えそうな気がして苦手かなと思って、独立型のキッチンだと少し汚れていても大丈夫かなって。

 

 

 

やっぱり、よく使う物は出して置きたいって時もね・・・。

 

(奥様)そうなんですよね。毎日の事なので。

 

画像 047 (640x427)そうですか。そういう意味では、ある意味収納の延長のような感じで、サッと・・・。

 

(奥様)サッと。

 

隠す事も出来て、という空間ができました。

 

 

 

 

 

 

 

画像 059 (640x427)

 

2階ですけども、階段を上がっていきまして、最初にホールが広がっていますけど、明るいですね。

 

(ご主人)はい。

 

(奥様)明るいですね。

画像 051 (427x640)

 

 

 

 

 

 

 

吹抜けのこの雰囲気と、とってもここで一致するわけですよね。

 

(ご主人・奥様)そうですね。

 

 

画像 061 (640x427)

 

 

 

 

 

 

 

アイアンの手すりは?

 

(ご主人)アクセント付けたかったので、ぜひお願いしました。

 

 

画像 063 (640x427)

 

 

 

そして、所々にステンドグラスもお使いになっているようで。ポイントポイントはやはりアクセントで?

 

(ご主人)そうですね。

 

 

 

 

 

 

 

画像 057 (640x427)

 

 

2階はプライベートゾーンという事ですけれども、8帖のウォークインクローゼットを備えた主寝室!(笑)

 

(ご主人)はい。

 

 

 

 

 

画像 053 (640x427)

 

 

 

収納もここまで行きつきましたね(笑)

 

(奥様)はい。タンスをいっぱい置くよりは、ひとつの部屋をつくった方が、季節を関係無く使えるので、すごく重宝しています。

 

 

結果的に主寝室の方も、よりすっきりとしておくことが出来るし、メリットがありましたね。

 

画像 054 (640x427)

(ご主人)そうですね。

 

(奥様)衣替えもしなくて済むし。

 

かなり楽が出来ているようですね(笑)

 

(ご主人)そうですね(笑)

 

(奥様)(笑)

 

≪ 主寝室のウォークインクローゼットは約8帖 ≫

 

 

 

 

今笑い話にはしましたけれども、工夫をして家づくりをする事によって、その家の家族のお仕事を助けてくれるような、そういう力も家は持っているのかもしれませんね。

画像 014 (640x427)

 

 

 

 

(担当)そうですね。家事の時間を費やさないで、その分趣味等に使って頂ける、そんな工夫ができるのかと思います。

 

 

 

 

これから、お2人初めての冬を経験し、そしてまた、四季を感じていくのだと思いますが、ぜひワンちゃんと一緒にいつまでも、いい経年変化を迎えて過ごして行って下さい。

 


(ご主人・奥様)はい。

 

 

 

今日はありがとうございました!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です