プラン・設計・施工まで全て行っております。高気密・高断熱の省エネ住宅、『FPの家』で住み良い環境を実現します。

お問い合わせ

スタッフブログ

住宅拝見レポートS様邸 ≪2015年9月26日放送≫

Report:27

施主のこだわりと思いが形になった

FPの家

 

Date: 2015.9.26

鹿角市花輪字 S様邸

034 (640x427)

 

シックな色合いの外観で、広々空間の明るいお家を完成させたS様邸を訪問し

ご家族にインタビューさせて頂きました。

 

 

プリント

 

●広々とした南向きのLDK+タタミスペース

●明るさとデザインを考えた踊り場スペース

●各部屋のクローゼットや大きな納戸で収納力アップ

●温度差のないFPの家+オール電化の住まい

 

 

 

■Data

構  造:FP軸組工法

暖房設備:ヒートポンプ式床暖房及びパネルヒーター

 

4LDK

1階床面積:115.31㎡

2階床面積:  56.47㎡

 延床面積:171.78㎡(51.85坪)

 

相当隙間面積:C値:0.3cm2/m2

 

 

家族構成:3人

入居日:平成26年3月

営業担当:髙屋

 

 

 

054 (640x427)

 

 

■おじゃましまーす(^^)

 

住まわれてもうすぐ1年半、「FPの家」の住み心地はいかがでしょう?

 

 

 

 

■入居からおよそ1年半というお住まいなんですけれども、すみごごちをうかがっていきましょう。ご主人この1年半のすみごごち、いかがですか?

 

081

 

(ご主人)よかったんでしょうね。特に冬は暖かかったから。家全体が夏と同じ温度になっているというか・・・。

 

(奥様)素足で大丈夫でした。

 

 

■冬でも素足

 

(奥様)靴下はすぐ脱いじゃう。

 

 

 

040 (640x427)

 

■お嬢さんのお子さんたちも、お二方にとってはお孫さんですよね。

 

(奥様)はい。

 

 ■しょっちゅう遊びに来てくれてるんですか?

 

(ご主人・奥様)はい。

 

■そして、お休みタイムのボクちゃんですけども・・・。おばあちゃんもいてという、なんともいえない、あったかいご家族の雰囲気が伝わってきます。

 

 

 

 

 

■今回の家づくりを振り返りますと・・・?

 

 

(担当)ご主人がプランのソフトを持ってられまして、一生懸命に間取りを考えて、それをわたしが見て、作って、また直して、と2人でやらさせて頂いて、すごくいいお家になりました。

 

061 (640x427)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ご主人は、間どりプランが作成できるパソコンソフトを活用し間取りを決定 

 

062 (640x427)

 

 

 

 

 

ポイント

≪ 施主の要望と施工会社の提案をやりとりする家づくり ≫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■外観なんですけれども・・・。

 

(ご主人)いろいろ選ばさせてもらったんですが、最終的にやはりちょっと高かったんですが、いいものはどうしてもよく見えてしまいまして・・・。少し無理をしました。

 

(担当)光で外の汚れを取ったり、雨水で汚れを流してくれる性能の物でして、当社で使っている標準仕様とは違ってグッと上の物になるんですけども。

 

014 (640x427)

 

 採用した外壁材は、光触媒で汚れを浮き上がらせ雨などで汚れがおちる効果がある建材 

 

■メンテナンスフリーというんでしょうか。長持ちするという事ですよね。

 

(担当)はい。

 

001 (640x427)

 

ポイント

≪ メンテナンスフリーの外壁材の採用 ≫

 

 

 

 

 

 

■そういった意味では、その次のステップにいきますと、玄関。そして玄関ホールといった所も、そこだけで帰ってしまうお客様もいると考えると大事な場所ですよね。

 

(担当)はい。玄関も広く、廊下も広くという、それが一番最初のプランの、ご主人さんのはじまりでもあると思いますけれども。こだわりですね。

 

082 (640x427)

 

(奥様)「ただいま」と入って来たときに、「ふう~」と息がつけるようなそんな雰囲気がほしかったんです。でも最初靴箱が反対側だったんですよ。全然廊下の広さが見えないという事で、無理言って、かなり出来てから直しましたよね?

 

(担当)はい。

 

■もう手遅れだとは言わなかったわけですね(笑)

 

(ご主人)(笑)

 

(担当)1間廊下は最初からのこだわりだったので。どうしてもお家の真ん中にあるので暗くなるんですけども、暗くならないようにという事で。

 

075 (640x427)

 

 

 

 

ポイント

≪ とにかく明るさの確保と広さを重視した家づくり ≫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

072 (640x427)

 

 

■各お部屋の扉の上の部分というのが、ただ壁にしておくのではなくて明り取りの窓にしてしまったという

 

(担当)そうですね。

071 (640x427)

 

 

 

 

 

 

 

 廊下の明るさ確保のために、扉の上には小窓を設けた 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

048 (640x427)

 

 

 

 

 暖房は、ヒートポンプ式の床暖房と低温水のパネルヒーターを採用 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■リビング、ダイニング、キッチン。のびやかな空間ですね!

 

(担当)そうですね。合わせて22.5帖と大きなつなぎ間でつくらせて頂きました。

 

IMG_6340 (640x427)

 

 広さの確保のために機器が表に出ない床暖房を選択 

 

 

 

■仕切りがないんですもんでね。慣れましたか?この大空間に?

 

(奥様)慣れたね。

 

(ご主人)もともと広い所にいたから。

 

(奥様)そういうのを崩さないで、今の家が建てられたって事かな。

 

IMG_6322 (640x427)
■なるほど。

 

(ご主人)うん。

 

(奥様)前にいた所をあまり崩さないで色々やって頂いたなと。

 

 

 

 

 

 

 

(奥様)ただ私、前にいた所で嫌だったところが階段上って2階に行くのがすごく嫌だったんですよ。歳も重ねていくうちに上るのが嫌だな。だから1階でいいかなという話もちょっとしたんですけども・・・。

IMG_6233 (427x640)

 

 

(奥様)そしたら階段がすごく上りやすくて、それが今すごくいいです。

 

(担当)段数を増やして蹴上部分の寸法を下げて上りやすくしました。

 

 

 

 

ポイント

≪ 一段高さを低くし、

勾配をゆるやかにした階段 ≫

 

 

 

 

 

 

 

■さあそして、明るさといいますと、階段の踊り場。この3連の上から下までの窓は素晴らしいですね!

 

053 (640x427)

 

(担当)これはもう特注でして。

 

056 (427x640)

 

 

■どなたの要望だったんですか?

 

(担当)もちろん。ご主人さんの。

 

■ご主人の!

 

(ご主人)あそこ、上から下までズダンと窓にしたかったんだけれども、ダメだって言われまして(笑)。

 

(担当)すみません。風通しも考えて下の窓は開く窓を組み入れてますので。

 

 

(奥様)夏の暑い日でも朝の明け方、涼しい風を入れる時は全部開けて、2階まで全部空気入れ替えして、日中はそんなにエアコンも使わなかったですよね?夏ね

 

(ご主人)うん。

 

 

025 (640x427)

 

 朝に涼しい空気を取り込み、気温の高い日中は窓を閉め

エアコンで温度を保つのがFPの家の夏の過ごし方 

 

 

 

 

 

■ここで一番考えたのが収納という事ですが・・・。

 

(奥様)広さと明るさとか色々さっきも言いましたでけども、そういう点も考えてタンスを入れないで収納が出来るようなお家がほしい!そう思いましてね。でっぱりが無くて物が隠せるような(笑)そんなところがいいなと思いました。

 

047 (640x427)

 

ポイント

≪ タンスを使わず 収納ができる家 ≫

 

 

 

 

(担当)先程話にでていた階段ですね。ゆるく幅広くと作った階段なんですけども、ちょうどその下が大きなスペースになりましたので、ヒートポンプの機関室と納戸兼用ということで。

068 (640x427)

 

(奥様)冬があったかいんです。そこが一番。それで洗濯物はぜ~んぶ、あそこで乾く(笑)。

 

■(笑)すごい

IMG_6262 (427x640)

 

(奥様)(笑)

 

(担当)(笑)はい。ヒートポンプの機械から、熱が出ますので。

 

(奥様)ええ。

 

■なるほど

 

(奥様)洗濯機に乾燥機もあるんだけども、使わない、使わない。

 

■いい所を見つけましたね。

 

(担当)はい。

 

(奥様)すごくいい所を見つけて。

 

 

 

 あらゆる空間を可能な限り収納に活用。

階段下のスペースも機器の設置と物置場として活用 

 

 

 

 

 

 008 (640x427)

 

■家づくりというのは、お施主様と施工会社の担当者のコミュニユケーションなんだなと今回つくづく感じました。

 

(担当)今回はお客様との打ち合わせも多くやらさせて頂きまして、密に打合せをさせて頂いて、また、当社の見学会も数多く見て頂きました。

 037 (640x427)

 

■そういった中から何度も、何度も、打合せを重ねて納得のいく住まいになったという事なんですね。

 

(担当)はい。そうです。

 

 

 

 

 

 

 

今日はありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

Copyright © TANAKA Corpotation. All Rights Reserved.

当サイトに掲載されているコンテンツの全部または一部を、その使用目的、形式、方法を問わず、複製または転載し、他に送信することを禁じます。