プラン・設計・施工まで全て行っております。高気密・高断熱の省エネ住宅、『FPの家』で住み良い環境を実現します。

お問い合わせ

スタッフブログ

住宅拝見レポートT様邸 ≪2016年12月24日放送≫

Report:30

家族のつながり

プライバシーを両立した家

 

Date: 2016.12.24

鹿角市花輪 T様邸

1

 

シンプルさを基本に、扉や建具の少ない開放的な間取りで、冷暖房効果にも配慮した家を完成させたT様邸を訪問し、ご家族にインタビューさせて頂きました。

 

 

プリント

 

◆ 通りの目線を考慮して窓を配置した『外観デザイン

◆ 家族の繋がりを大事にし、家の中心にある『リビング』

◆ 建具を付けず開放感を重視した『2Fスペース』

◆ 必要な物を必要な場所に配置した『収納スペース』

 

 

 

■Data

構  造:FP軸組工法

暖房設備:エコキュート・ヒートポンプ(エアコン)暖房

 

4LDK

1階床面積:    80.53㎡

2階床面積:    37.67㎡

 延床面積:  118.20㎡(35.68坪)

 

相当隙間面積:U値:0.43w/㎡K

相当隙間面積:C値:0.3㎠/㎡

 

家族構成:3人

入居日:2015年11月

営業担当:中嶋

 

 

 

 

3

 

 

 

 

11

 

 

 

 

 

■雪が降っていますけれども、寒くなってきましたが室内は、暖かい空間ですね。

 

(ご主人)はい。おかげさまで快適に過ごしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

■完成入居が昨年の11月で、T様は丸1年体感なさっているという事で、夏も経験して、冬も経験して、すみごごちはいかがですか?

 

(ご主人)冬はエアコンだけで、こんなに暖かいのかという実感もありましたし、春、秋に関してはエアコンもほぼ使わずに快適に過ごせていました。

8

 

夏もですね、冷房はつけてはいたんですけれども、そんなに低い温度ではなくて、1年通してだいたい同じような快適な温度で、過ごすことができました。

 

■ここちよく過ごされたいうことで、まさに快適住宅でいらっしゃるという事でですね。

 

(ご主人)はい。

 

 

 

 

 

 

≪ 外観は白とこげ茶色で落ち着きのある印象に ≫

 

 

 

 

■家を建てる時にT様どのような要望を、だされたんですか?

 

(ご主人)シンプルな家という事で、廊下が少なく開放的な空間という所と、家族で生活スタイル、勤務スタイルが違うので、その辺も配慮して、1階と2階でリビングを分けたり、水廻りを1箇所に集める所をお願いしました。

 

3

 

ポイント

≪ ライフスタイルの異なる家族に配慮した間取り ≫

 

 

 

13

 

 

 

 

 ■中嶋さん結構しっかりとした要望点というのがあるように感じられますけれど・・・。

 

(担当)今言ったようにライフスタイルが違うというのが一番ありましたので、色々考えました。

 

 

 

 

 

 

 

(担当)水廻りに関しても、最初はもっと複雑だったんですよ。そうすると建物が大きくなってしまって、無駄も多くなってしまうので、その辺は建主様とお話しながら、もう少し、シンプルでいいですという形で、どんどんホールや廊下をなくするような形で非常にコンパクトで効率のいい間取りができたと思います。

 

 

12

 

 

 

 

■室内、ゆったりとした印象があるのは、扉をあまり使ってらっしゃらないという事になりますかね?

 

(ご主人)そうですね。これも中嶋さんがエアコンの効率を考えてくれたいう所と、極力要らない所の扉はない方がいいんじゃないかという所で。

 

 

 

 

 

 

 

■この小上りの畳のスペースは上にはロールスクリーンを?

 

(ご主人)これはわたしの兄がですね、たまに帰省した時に泊まる部屋という所で、寝る時はおろして、プライバシーを守れるようにと。

 

19

 

 

 

 

 

■まったくの余談ですけれど中嶋さん、T様のお兄様は住宅関係で、他県でかなり棟数建ててらっしゃる方ということで、プレッシャーでしたか?(笑)

17

 

(担当)そうですね。はい(笑)。細かい所もチェック入るんだろうなと思いながら一生懸命書きました。

 

 

■お兄様が書かずに、地元の工務店さんに任せてくれたいう所は何かあったんですか?

 

(ご主人)兄と話をした結果なんですが、宮城県は宮城県の建て方があるし、秋田県のこの雪の深い所はやっぱり、地元のプロに任せた方が安心だという所でですね、そのまま中嶋さんにお任せしました。

 

 

■ちなみにお兄様は設計図をご覧になってどうだったんでしょうか?

 

(ご主人)見てですね、これだったら全然大丈夫だと太鼓判を押してくれました。

 

■ホッと胸をなでおろしたいう・・・(笑)ことですね。

 

(担当)(笑)

 

 

 

18

 

 

 

収納という所も、大きなポイントだったようですね

 

(担当)T様の家だけじゃなく、全てのお客様に当てはまるんですけども、収納自体が適材適所にないと、

 

無駄な空間になる可能性もあるので、洗面所は洗面所、キッチンはキッチンという形で、使う場所に使う収納という事を配慮して、収納を作らせて頂きました。

 

 

 

 

ポイント

≪ ”必要な物を必要な場所へ”が収納のコンセプト ≫

 

 

 

 

 

20

 

 

 

■このLDKの空間においてはどうでしょ?

 

(担当)小上りの下にですね、スライドの収納を付けて、小物など入れれるようになってます。

 

 

 

■この小上りの高さ、椅子の役割も果たすし、いいなと思っていたんですが、いい高さでしたね?

 

(ご主人)そうですね。通常小上りだと、もっと低いんでしょうけれども、介護の仕事をしているもので、段差はわかりやすい方が、転倒にもつながらないのかというのと、高くした分、下に収納を付けて頂くようにお願いしてみました。

 

7

 

■ここはまたご自身のプロとしての、お仕事からの発想ということで、いい空間ですね。

 

(ご主人)ありがとうございます。

 

 

 

 

 

中嶋さん、T様のお宅の電気設備、住宅設備機器はどういった物をお使いなんですか

 

10

 

 

(担当)T様のお家はヒートポンプの寒冷地用エアコンを3台配置しております。

 

環境にも優しい光熱費も安いヒートポンプのエアコンを利用しておりますので非常に経済的ではあるんですが、

 

FPの家のように魔法瓶のような高性能な住宅でないとですね、逆に光熱費が高くなる心配がありますので、

FPの家ならではの快適さをあじわえると思います。

 

 

 

ポイント

≪ 高性能住宅とヒートポンプエアコンで作る省エネの暮らし ≫

 

 

 

21

 

 

 

ご主人通常は何度くらいに設定してらっしゃるんですか?

 

(ご主人)今は18度~20度の間で設定してます。

 

 

 

 

■性能がしっかりしているからこそ、低い温度設定でも大丈夫という事なんですね。

 

(担当)体感温度が、室内の気温と壁際・窓際の温度÷2で体感温度になりますので、

室温28度にしてもですね、窓際が10度とか、0度とかですと、28度÷2で体感温度が14度になってしまうんですね。

 

魔法瓶のように隙間風のない隅々同じ温度にならない普通の家だと、20度だと耐えれないんじゃないかと思いますね。

 

 22

 

 

 

 

14

 

 

 

 

■楽しみが広がってらっしゃるんじゃないかと思うんですが、今これからの暮らしで思うところというのはありますか?

 

(ご主人)エアコンがとても暖かく、夏も涼しいしので、このままいい環境の中でですね、自分たちも工夫しながら使いこなしていければいいなと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

Copyright © TANAKA Corpotation. All Rights Reserved.

当サイトに掲載されているコンテンツの全部または一部を、その使用目的、形式、方法を問わず、複製または転載し、他に送信することを禁じます。